お見合いをして結納をかわしたのですが別の女性を好きになってしまいました

私は二十九歳の会社員です。四ヵ月前に見合いをし、交際一ヵ月で結納をかわした婚約者がいます。そのことを友人が知らず、私に女性を紹介したのです。明朗活発で、ただ話しをしているだけでとても楽しくなり、好感をもってしまいました。それからというもの、婚約者の性格
の欠点が目につきだしてしまい、まことに弱っています。こんな気持ちで結婚してもうまくいかないと思い、仲人にそのむねを話しましたところ一度決めたことを白紙にもどすなんて男らしくない。考え直せ」とつっぱなされました。たしかに、新たな女性と比較してしまったのは悪いと思いますが、こんな気持ちで結婚するほうが無責任のような気がします。どのような処置をとったらよいかお教え願いたいのですが……。

〈回答〉結納までかわしながら、別の女性を好きになった軽薄さについては、ここでは論じないことにします。結論をズバリ言えば、婚約を破棄なさい。そんな気持ちで、しぶしぶ結婚するなんて、相手の女性を侮辱する行為ですし、将来、幸福な生活を営むことは、おぼつかないでしょう。仲人は、立場上、「考え直せ」と言うに決まっています。仲人には、ひたすら陳謝し、了解してもらいなさい。ただし、その代わり、あなたが贈った結納金は返してもらえないこと、先方からの結納金は返すことは、覚悟しなくてはなりません。その程度でおさまればいいほうで、もしかすると、先方は、精神的な苦痛に対する慰謝料と、物質的にこうむった損害の賠償を請求してくるかもしれません。その場合には、いさぎよく応じ、具体的な金額を第三者を立てて取り決めるべきです。どのくらいの額が適当であるかは、あなたの資産、収入、地位、そのほかの事情によります。もし、この請求にあなたが応じなければ、先方は、家庭裁判所に調停を申し立てることができますし、それでもラチがあかなければ、地方裁判所に訴訟を起こすこともできることを、お忘れなく。正しく気が合う相手を探すならこちらからどうぞ。
なお、新しく登場した女性とは、当分、交際しないように。しばらく、交際や結婚問題から遠ざかって、そもそもの女性観および結婚観の確立を図ってください。

出典: